itumon+

twitterでは収まらない情報をこちらで。折角なので何かに使おうと検討しています。書いている事は将棋に関する事のみですがお読み頂き本当にありがとうございます。普段はこちらで呟いています→http://twitter.com/itumon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ボナンザ流」も検討

27手目に▲4四角と打ち込むのが「GPS新手」でしたが、ボナンザは27手目▲6三桂成との事


なのでその場合の変化も考えてみました。
「ボナ流▲6三桂成~▲4四角」



Kifu for Flash による棋譜再現例 Kifu for Flash による棋譜再現例(Flash Player 9が必要です)
別のウィンドウで開く(Unicode棋譜)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



結論
・単に▲4四角と行くよりも△5七歩が入るので若干損では無いかと思います。
・しかしこの変化には先手から誘導できるので、後手は対策を用意して必要があります。
・超急戦は一手の価値が高く、間違えると一気に負かされるので、やはり大変です。
・どの変化でもそうですが、先手は拾える駒が少ないので、一気に決めるか、
 あるいは攻めを上手く繋げたいです。
・逆に後手は、じっと我慢して反撃を狙うほうがいいかもしれません。
・どの変化でも両者とも変化できる所が多く、やはり相当研究していないと指せそうに無いです
 やはりそれは超急戦の定めですね。というわけで……全体的な結論としましては、
・舗装されていない道なので解らない事だらけです
という辺りでご容赦下さい。本当に30手目近くで後手潰れてる可能性もありますので。
ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「GPS新手2」2筋を絡める変化。 | ホーム | よろしければ始めにお読み下さい>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。